Events

TechCrunch 2013 ハッカソンでのトーク

500 Startupsでの実体験をもとにまとめました.

IMG 3904

イベントの紹介はこちら
「TechCrunch Tokyoハッカソンで、500 Startupsに参加する日本人エンジニア2人が講演!」

11月の予定

今月から来月にかけて以下のところでお話しさせていただきます。

 

「半年前の自分に伝えたい!! シリコンバレーのアクセラレータに参加する前に知っておきたかった7つのポイント」と題して、起業やシリコンバレーで働くことに興味のあるエンジニアの方を対象に、500 startupsに参加した3ヶ月間で学んだことをエンジニアの視点でお話ししたいと思います。僕を推薦してくれたAppSociallyの高橋さん、ありがとうございます.

 

音楽、アート、映像といったエンタテインメントの世界を、さまざまな分野のテクノロジーを導入して変化させるディレクションで注目されるRhizomatiks真鍋大度とメディアアートを軸に米シリコンバレーにあるシードアクセラレーター500 Startupsでアプリの開発を行うなどスタートアップ業界にも進出するQosmo徳井直生。 2人の対話から、近未来へのネクストステップが見えてくるはず。

情熱大陸の記憶も新しいダイトくんと対談します. さそってくれたダイト君に感謝!!

 

昨今の技術者にとっては、どうにも気になるキーワード、「スタートアップ」。 アプリ開発がどんどん容易になり、マネタイズの障壁も下がっていることで、開発者であれば誰でもスタートアップを興せる可能性がある時代です。 スタートアップは、きっと楽しい。でも、踏み出せない要因もたくさん。 潰れちゃったらどうなるんだろう・・・?家族もいるし、あんまり若くないし・・・。経営とかってよくわからないし・・・。キツイ?薄給?などなど。 このセッションでは、技術者としても起業家としても著名なお三方をお迎えして、技術系スタートアップの実際をとことん掘り下げます。 日本に、スタートアップのビッグウェーブを起こそう!

3Dプリントのサービス RINKAKのファウンダーでAndroidの日本語入力 Simejiの開発でも有名な足立さんにお誘いいただきました. ありがとうございます.

 

“INSIDE OUT IMPACT HUB Tokyo”は、IMPACT HUB Tokyoのアントレプレナー達が作り上げる、アントレプレナーのためのギャザリング。「アントレプレナーたちによるチェンジに注目したコミュニティ(=共働体)」ことIMPACT HUBに住みつく、パッション溢れる、マニアックな、社会にインパクトを生み出そうとするアントレプレナー達が12/1(日)IMPACT HUBに集結します!「テクノロジー」「地域」「アントレプレナーシップ」「インベストメント」「教育」などのテーマを切り口に、アントレプレナーが今伝えたいメッセージを発信、今議論したいトピックを深掘りします。IMPACT HUBのアントレプレナー達が起こしたいチェンジに、あなたも触れてみませんか?

現在、undaチームが入っているアントレプレナーのコミュニティ / コワーキングスペース「HUB」のイベント. まだ入居したばかりの僕たちとしては、このイベントを機会にHUBコミュニティのみなさんとお知り合になれればと思ってます。もちろんHUBメンバー以外にもオープンなイベントです.

unda in 500 startups demo day NYC

Watch live streaming video from 500startups at livestream.com

SXSW 2013 雑感

SXSW 2013 雑感

今年もSXSW (South by South West)に参加するため、アメリカ、テキサス州オースティンに行ってきました. 相変わらずの盛り上がりを見せたSXSW、初めて参加した昨年と比較しつつ、今回感じたことを簡単にまとめたいと思います (昨年のレポートはこちら) .


DSC09907.jpg
メイン会場のAustin Convention Center
 

昨年目立っていたテーマはなんといっても「share」. そこに「location」が加わったglanceeやhighlightのようなローケーションベースのソーシャルネットワークのサービスが目立っていました. それに対して… 今年は「share」や「social network」が話題になることがほとんどなかったように感じました. FacebookやTwitterの存在感も薄い… 逆に言うと,それらはもはや当たり前すぎて話題にならない, ある意味, 空気や水のような存在になっていると言えそうです.

さらに極端なことを言うと、アプリやwebのサービスが大きな話題になることが少ないようにすら感じました. 全体的に、スマホやアプリ、ソーシャルの次にフォーカスがうつっている… という実感です.

そんななかで、特に大きな存在感があったのはさまざまな意味でのフィジカルな「実世界」もの. Interactive部門のオープニングのキーノートスピーチが廉価な3Dプリンタで有名なMakerBotのBre Pettisだったのが象徴的です. 実世界での物理的な場所やモノをつかったサービスやゲームなども数多く見られました. いずれもスマホのアプリやwebサービスの存在が当たり前の前提条件になっている点に注意が必要です.

 

DSC09909.jpg
歩きながら3Dプリント! Geomagic社のポータブルな3Dプリンタ

 

More

写真で見る僕のSXSW 2013

写真で見る僕のSXSW 2013

2012.10.4 DJ at eleven Tokyo

2012.10.4 DJ at eleven Tokyo

 

2012.10.4 THU

THURSDAYS – SOUNDPOST

Open 22:00

http://go-to-eleven.com/schedule/detail/729/2012/10

More

Neuro Turntables at Tokyo Game Show

Neuro Turntables at Tokyo Game Show

As a collaboration with neurowear, I made a series of “brainwave-driven” music players and exhibited at Tokyo Game Show. Neuro Turntable is a physical record player coupled with a brain sensor, which monitors the brainwave of the music listener. In order to keep listening, the listener need to maintain the concentration on the music being played. We also have iPhone app version, Neuro Turntable Mobile. These are concept models and not intended for sale. We tried to raise a problem of instant / easy music consumption embodied by iPod/iTunes music ecosystem.

necomimiのneurowearさんとのコラボレーションとして、脳波をつかった音楽プレイヤーのコンセプトモデルを制作し、東京ゲームショーにて展示しました.

 
More

Brain Disco at unboxxx #2

Brain Disco at unboxxx #2

 

 

2012.7.26 @ KATA Tokyo in Ebisu

Brain Disco – Regulations

■ Each DJ has 10 minutes to warm up the dance floor.

■ Each DJ starts with 60 “Groove Points” (If you are familiar with RPGs, think of a Groove Point, or GP as a “Hit Point” or “Life Point”). 1GP is equivalent to 1 second, which means if you have 60 GP, you can play at least 1 minute no matter how you play.

■ If the average “attention” value measured with brain wave sensors is less than a given threshold (50, for example), GP is deducted by 1. Otherwise, the DJ earns 1GP.

■ If a DJ loses all GPs, then their set is canceled.

■ The Threshold and other parameters are subject to change.

Here is a more detailed report of the event written by neurowear.
neurowear | Brain Disco by neurowear x Qosmo

More

Report: unboxxx #2

Report: unboxxx #2

 

 

unboxxx にご来場くださったみなさま、ありがとうございました!

体と音楽をテーマにした第二回目. メインイベントは脳波センサーをつかってお客さんの盛り上がり度をリアルタイムにモニタリングする「Brain Disco」

ルールはこのように定めました。

  • DJは、Groove Point (GP)を60点を持ってDJをスタート (RPGにおけるヒットポイント/ライフのようなもの). 1GPは1秒に相当. 例えば60GPある場合、どんなプレイをしてもその後 1分間はプレイできることになる.
  • 観客の脳波から推定される集中度(Attention)の平均が閾値(Threshold)以下だと、DJのGPは一秒ごとに -1 閾値以上であれば +1
  • GPが0になった時点で次のDJに交代!
  • DJは場の雰囲気をつくるために10分間の猶予が与えられる. DJ開始から10分経過した時点で脳波の計測が有効に.
  • 閾値や猶予時間等はその場で変更になる可能性あり

実際にやる前から想像していたのですが、DJにとってはかなりシビアな環境でした.

More

unboxxx #2 “body and mind” feat. neurowear & 真鍋大度

unboxxx #2 “body and mind” feat. neurowear & 真鍋大度

 

 

unboxxx #2 – “body and mind”

2012.7.26 Thu 19:00 – 23:30 at KATA Tokyo Ebisu

Entrance Fee ¥1000

Our second installment of “unboxxx” features two prominent artists exploring the possibilities of music, new technologies… and yes, our “body” and “brain”.

“neurowear” has been developing gadgets and devices to enhance our experience with brain and biometric sensors. Their “necomimi”, a brainwave set of cat ears, made a huge sensation on and off the net.

This time, neurowear, teamed up with Qosmo, developed “Brainwave Disco”, where DJ must maintain audiences’ “attention”, measured with brainwave sensors, in order to keep DJing. If the average attention value remains less than a given threshold, DJ gets kicked out.

Daito Manabe is one of the most well-known media artist in Japan. He is particularly famous with his radical experiment with his body and face. His “electric stimulus to face” series has been played on YouTube nearly 2 million times.

With neurowear and Daito, we are going to shed light on the mysterious and intriguing relationship between our body and music, well… in a casual way :)

More

Moved to a new domain! 新しいドメインに移行しました.
www.naotokui.net