いつか音楽と呼ばれるもの @ 08 September 2008, Comments Off

IAMASの永野くんが中心になって、「音楽の未来を考える」というテーマでゆるくやってるポッドキャスト「いつか音楽と呼ばれるものを考える」が更新されてます。第12回目にあたる今回は、iPhone発売後最初の回ということで(前回からだいぶ間隔があいてしまいました..)、僕や永野くんを含めたAudible Realitiesの4人で、iPhoneと音楽の関係性について話しました。

いつか音楽と呼ばれるものを考える #12
7/11 iPhone 3G発売後,初のいつか〜ということで,今回はAudible Realities特集!
いつかメンバー全員が参加しているAudible Realitiesは一体何をやっているのか?
いつか〜との関係は?
iPhoneは新しい音楽のあり方を切り開くのか.
DJ,プログラマー,サウンド・アーティスト,研究者,それぞれの視点でiPhoneを読み解く.

Audible Realitiesの基本コンセプトがこのトークの中で少しでも伝わればいいのですが…

音を使ってユーザが見ている環境を少しだけ変化させる。その違和感が時として現実をよりリアルに感じさせる手助けになったり、またある種のトリップ感を生むこともあるかもしれない。マクルーハンのいうとのころを、電子メディアにおける「全感覚的体験」、あるいは「声(音)の復権」の実験を、研究室や美術館の枠を超えた実生活、実社会の中で行う。つきつめれば、そういうことになるでしょうか。

次なるステップとしては、Audible RealitiesのAugmented Realityとの接近、つまりある種の現実の射影として情報を可聴化してユーザの耳に届ける、といった試みを考えられないだろうか… そんなことを考えています。

Podcastは、いつも通り脱線が多すぎました。すいません。打ち合わせなしのぶっつけ本番トークなので、その辺ご勘弁ください。
それにしても、良い笑顔だな :-) > 写真の中の僕

Technorati Tags: ,

いつか音楽と呼ばれるもの @ 02 June 2008, Comments Off

7回目の今回、東京芸大の金子さんを新しいメンバーにお迎えし、マッシュアップを中心に1時間半みっちり語っています。「いつか音楽と呼ばれるもの」のblogも永野君が用意してくれました。
(5、6回は公開準備中です!!)

いつか音楽と呼ばれるもの #007

金子さんがメンバーとして加入したことで、視野が広がると同時に、新しいアイデアが議論の中に盛り込まれていく感じがしてます。今後もこうした議論を、自分の制作にフィードバックしていくつもりです。

Uncategorized @ 25 January 2008, “1 Comment”

もう既に気づいている方もいらっしゃるかと思いますが… sync podcastを更新しました!

 Podcast Wp-Content Uploads 2008 01 Picture-98

今回は NAP backstage Interview recorded at UNIT (with special guests)と題して、先月のop.disc showcase hubの楽屋で収録したNAPさん(op.disc)のインタビューを中心にお届けします。楽屋の雰囲気が伝われば幸いです!

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Uncategorized @ 15 December 2007, “2 Comments”

 Blog Archives Images Sync
まさにようやく.. という言葉がぴったりなんですが。
お待たせしました。sync podcastを1年以上ぶりに更新しました。

[sync~10] AOKI takamasa LIVE in Osaka 30th Nov. 2007

先日のポストでも書いた、op disc hubでのAOKIくんのライブの模様です。フロアで歓声や嬌声(?)がばっちり入った臨場感たっぷりのライブ録音です。会場に足を運んでくださった皆さんも、残念ながら今回は行けなかった方も、さっそくダウンロードして楽しんでいただければと思います。

次の回もただいま鋭意準備中です。近日中にアップするのでお楽しみに。

Aoki-Hub-Tokyo07
(Photo: Hiroshi Yamato / Alliance Port)

Tags: