Events @ 17 April 2011, Comments Off

A report of my recent workshop on Twitter and social architecture at ICC Tokyo is available on ICC website (in Japanese)
ICC ONLINE | Web Project “Myself in Twitter – Architecture I make that make me one”

先日、ICCで開催された「Twitterの中のわたし」ワークショップのレポートと、ともにワークショップを担当した田所さんとのインタビューがICCのウェブサイトで公開されています。

ICC ONLINE | ウェブ企画「Twitterの中のわたし ─自分がつくるじぶんをつくるアーキテクチャ」

icc_twitter.png

濱野智史さん、ドミニク・チェンさんのインタビューも掲載されているのでそちらもあわせてご覧ください!

Events, Music @ 03 March 2011, Comments Off

久しぶりにQosmoの最近のプロジェクトのお話です。

2011/2/27に新木場のStudio Coast (Ageha)で行われた I’LL BE YOUR MIRROR TOKYOでの、Boredoms(ボアダムス)のライブセットをQosmoで担当しました! 今回のセットはEYEさん+ドラマー6人によるもの. ドラマーに囲まれた円の中でのEYEさんの動きをセンスして、音と照明に連動させる部分を担当しました。

具体的にはステージの上、約4mのところにMicrosoft Kinectを設置. Kinectの奥行きセンサーでEYEさんの動きを解析. 手の左右の動きにあわせて音の定位をかえたり、6人のドラマーからの音にエフェクトをかけたり、あるいは上下の動きで音のピッチを操作したり…  同様にLED照明もコントロールしてます. EYESさんが手をむけた方向のドラマーがライトで照らされるといった具合です. テストの様子を見てもらえれば一目瞭然.

Kinectのデータの処理用に今回開発したアプリケーションのスクリーンショット. openFrameworksを使っています.
Qinect

Tags: ,
Diary, Events @ 20 February 2011, Comments Off

昨日の「Twitterの中のわたし」ワークショップ一日目の様子をさっそくお伝えします。

会場に設置した大型ディスプレイにタイムライン(ハッシュタグ #icc_ws) を表示し、リアルタイムに会場からの意見/コメント/質問を受け付けながら進行する、というTwitterのワークショップならではの方法を試しました。話しながら、タイムラインを追っていくのは難しいので、田所さんとファシリテータのみなさんにTwitter上の「司会進行」をお願いています。

その結果、一つの会場に音声と文字、二つの議論がパラレルに進行するという不思議な空間になりました。やはり、気軽に発言できるという意味で、Twitterの併用はワールショップ全体に対してよい方向に働いたように思います(ただ、途中にも出てきていますが、Twitter上の議論が盛り上がればあがるほど、会場は静まり返ってしまうという問題点はありますが…) 見学者の方もiPhone等でタイムラインを追いつつ、たまにつっこみをいれてくださったりしたのも興味深い現象でした。

また、議論の記録という意味でもTwitterの併用は非常に有益ですね。わたしの話に対して、みなさんがどのようなところに興味をもったのか、あるいは疑問を抱いたのか、時間軸にそって整理されたかたちで一覧することができます。(もっと批判的な意見をいただいてもよかったのかも… 最初にお手柔らかにと言ったのがよくなかったかな) はじめて「tsudaる」ことのメリットを理解できた気がします。

ワークショップ中にみなさんからいただいたご意見、コメントの一部を下記に転載させていただきます。(ここに掲載したコメントを消してほしいという参加者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ一言ください。)

当日のスライドもこちらで公開しています。
Screen shot 2011-02-21 at 9.34.20.png

R0010080.JPG

R0010077.JPG
田所さん

R0010073.JPG

Tags:
Events @ 07 February 2011, Comments Off

来る2月19、20日 ICCでのワークショップに講師として参加します.

初日、私が概論およびグループに分かれてのブレストを担当. 二日目は 田所淳さん監修の実地実験.
頭と手を動かして、現在そして未来のコミュニケーションのかたちを考える/探るワークショップです.
参加者の募集は2月12日土曜日まで. 下記のリンクからどうぞ.

title.jpg

http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2011/Myself_in_Twitter/index_j.html

「Twitterの中のわたし ─自分がつくるじぶんをつくるアーキテクチャ」は,研究者や作家の方々のインタヴューとワークショップのドキュメントなどをあわせた,ICC Online上で展開するウェブ企画です.

「アーキテクチャ」とは、「建築」「構造」などを意味する言葉ですが,情報社会論の領域では社会における設計や構造として捉えられています.ウェブ・サーヴィスでは,アーキテクチャはサーヴィスを形づくる仕組みやインターフェイスひとつひとつにあたります.

今回のワークショップでは,数あるウェブ・サーヴィスの中でも現在ユーザ層の広がりを見せるTwitterに着目します.Twitter上で人のつながりを見てみる,Twitterのしくみを変更してみる,ボットを実際に作ってみるなどのプロセスを通して,Twitterの中で「わたし」はどのように定義されるのかを探求します.「思考編」と「実践編」,2日間にわたって行なうワークショップです.

Tags:
Events, Music @ 15 November 2010, Comments Off

melts_3_f.jpg

日時: 11月20日(土) 20:00 – 翌4:00
場所:西麻布 BAR AMRTA (バー アムリタ)   
※当日エントランスにてドリンクチャージ¥500を頂きます。


Meltsbow No.3

Melt(溶ける) + Bow(棒) = メルツバウ。私達がオーガナイジングに重きを置いていることは中心軸となるコンセプトよりもコンテンツを入れるフレーム作りです。今回はTokyo Family Restaurantで行われる”Yes, We are Family”のアフターパーティも兼ねています。人との繋がりが更なる繋がりを呼び、心地よく刺激的な空間を提供いたします。


Tags: ,
Events, Music @ 10 August 2010, Comments Off

riptitle.jpg

『Nujabes last forever』

2010.08.14 (SAT) @ UNIT Open/Start: 22:00

Tickets: SOLD OUT! THANK YOU.

[LIVE]

Cise Star (Cyne)

Emancipator

Five Deez

Funky DL

haruka nakamura / kadan

Pase Rock

Shing02

Substantial

Uyama Hiroto

[DJ]

Fat Jon

[Guinness Records & tribe crew]
Yan

FK

Korosuke

Mana-Bu

Tsu

Yohei Nishijima

Kenmochi Hidefumi

Mao (Nujabes’ brother)

DJ Minoyama

Nao Tokui

Pase Rock

Pleasure crew

DJ Ryow aka smooth current

Segawa Tatsuya

Seietsu

DJ Sen

Tetsuya Yoshida

DJ Top bill

Toru Hashimoto

VERBAL & L-Universe

& more

[VJ]

RealRockDesign

<A to Z>